アトム株主優待改悪の可能性が減ったかもしれません

今年の3月にアトムが株主優待を改悪するかも?という記事を書きました。

改悪する気がした理由

当時発売された四季報の今後の還元策に、株主優待の負担が大きいが、改悪には消極的。長期的に配当での還元に重点を移す方針と記載があったからです。

「改悪には消極的」でも、長期的に配当での還元に重心を移すということは、普通に考えれば【優待改悪】の可能性は他の銘柄より大きいと感じました。

100株の優待利回りが1番高いのはアトムで、負担が大きいということも不安でした。

でも四季報の最新号には、レストラン中心の既存店はコロナ影響が薄れて回復基調。 不採算店の閉鎖効果で原材料高など吸収し、営業益黒字復帰と記載されていて、

配当の還元に重点を移す方針という記載はありませんでした。これだけで安心とは言い切れませんが、すこしだけ安心しました。

アトムやコロワイドグループは株主優待がないと株価を維持することが難しいと思っています。なんとかこのまま優待を維持してほしいです

アトムの一部優待商品がが7月1日から値上げされます。詳細記事はこちら

アトム (7412)
株価 : 766円 (100株) 7万6600円
予想配当 : 0% (0円) 株価データ

優待確定月 : 3月末・9月末
優待内容 :優待ポイント2000円分
総合利回り: 5.22%

人気記事 利回り5%優待が到着しました