【株主優待銘柄2社】損失飛ばし・決算延長で株価暴落です

今日3月株主優待銘柄の2社がIRを発表しました。

日本M&Aセンターホールディングス

子会社の不適切会計について調査をするために、1月28日に予定していた決算発表を2月14日に延期することが今日発表されました。

日本M&Aセンターホールディングス (2127)
株価 : 2107円 (100株) 21万700円
予想配当: 0.85% (18~19円)  株価データ

優待確定月 : 3月末 (1年以上継続保有が必要)
優待内容 : 魚沼産コシヒカリ 5 kg

発表を受けて、PTS市場で約10%株価が下落しています。

飯田グループホールディングス

メディアで「損失飛ばし」をしていた疑惑があると報じられて、本日9%以上の株価下落となりました。

同社傘下の飯田産業の元社長で同社取締役での千葉雄二郎さんが去年12月に突然辞任したことも不安材料のようです。

その後IRも発表されて、2022年3月期の連結業績予想における当期利益の達成には影響ありませんが、今後開示すべき事実が発生した場合には速やかに公表するとのことです。

飯田グループホールディングス (3291)
株価 : 2292円 (100株) 22万9200円
予想配当: 3.93% (90~91円)  株価データ

優待確定月 : 3月末
優待内容 : えのスパ招待券 4枚

人気記事→優待でお得になった金額、大公開