【株主優待 映画鑑賞】今年いちばん泣きました

松竹の株主優待カード利用、 吉高由里子、横浜流星 W主演「きみの瞳が問いかけている」を観てきました。

ストーリー

目は不自由だが明るく愛くるしい明香里(吉高由里子)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜流星)。小さな勘違いから出会った2人は惹かれあい、ささやかながらも掛け替えのない幸せを手にした――かに見えた。
ある日、明香里は、誰にも言わずにいた秘密を塁に明かす。彼女は自らが運転していた車の事故で両親を亡くし、自身も視力を失っていたのだ。以来、ずっと自分を責めてきたと言う明香里。だが、彼女の告白を聞いた塁は、彼だけが知るあまりに残酷な運命の因果に気付いてしまっていた。

監督の三木孝浩さんは、私が大好きな映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を撮られた方です。

光の使い方がとても上手で、女優さんをキレイに撮影される方です。美しいシーンが多く、「映画館で観てよかった」と思わせてくれる監督です。

ストーリーはベタ。それでも良い理由

矛盾は許せないという方が観たら、ツッコミどころは正直たくさんあります。恋愛映画あるあるですね。現実にはそこまでの偶然はないし、ネタバレになるので書けませんが矛盾点もあります。

でもそれをノーダメージにする、吉高由里子さんの演技の上手さがありました。本当にそういう人に見えました。

横浜流星さんは、ボサボサの髪でも美しくて、正直、大画面で観れるだけでいいやと思っていましたが、驚くほど演技が上手でした。そしてキックボクサー役なのですが、芸能人の方で1番腹筋バキバキで本物に見えました。

横浜さんは空手の元全国チャンピオンだで普段から鍛えているそうです。迫力のある試合のシーンは思わず目を瞑ってしまうほどの臨場感がありました。

どんな映画だったかはネタバレになるので書けませんが、今年観た映画で1番泣きました。もし気になった方はぜひ観てください。

松竹の映画優待が気に入りすぎて、8月は300株取得しました。残念ながら演劇の優待はコロナで中止となってしまいましたが、半年間で20本映画が楽しめるので観てまたブログに書きますね。

松竹(9633)株価データ

松竹 (9601)
株価 : 12,060円 (100株) 120万6000円
予想配当 : 0,08% (10円)  株価データ

優待確定月 : 2月末・8月末
優待内容 : 株主優待カード 40ポイント
総合利回り: 1,27%